楽Gamer's Blog

適当にやるよ

なんでも自分が、書きたいと思ったことを、ジャンル問わず書いていきます。

[ps4]俺的に本当に面白いと思ったおすすめのオープンワールドアクションRPGを紹介していく

ps4では、数多くのオープンワールドアクションRPGが発売されています。ホライゾンゼロドーン、ff15、ウィッチャー3とそのどれもが評価が高く、どのゲームを買おうか迷っている方は多いのではないでしょうか?

正直に言うと、どのゲームを遊んでも面白いし楽しいです。でも、人によって合う合わないがあるので、上であげた3つのゲームを比較しながら紹介していきます。自分にあったゲームを見つけてもらえれば、幸いです。

こちらの記事でさらに詳細に書いているので、よかったらこちらをどうぞ⬇︎


各要素の比較

グラフィック

f:id:mofox:20170302185839p:plain

グラフィックだけで言えば、ホライゾンが圧倒的に綺麗です。太陽の輝きや雪の描写など、本当に現実のようにリアルで驚きました。ff15もグラフィックは素晴らしいのですが、画面の作りこみや細かいところまで見ると、ホライゾンほどではありません。

ウィッチャー3 は、普通に遊んでいるときは気にならないのですが、人の顔を近くで見ると、お世辞にも綺麗なグラフィックだとは言えないし、みんな同じような顔に見えてしまいます。その点、ホライゾンは一人一人のキャラクターの作りこみが素晴らしく、出てくる登場人物みんなが違う顔をしています。細かいところなんですが、すごいなと思いました。

このように、確かにホライゾンのグラフィックは素晴らしいですが、グラフィックが綺麗だからといって、ゲームの面白さに直結するわけではありません。グラフィックが良くなくても、面白いゲームはたくさんあるので。

とは言っても、グラフィックが悪いよりはいいほうがいいですよね。自分は今までグラフィックが一番すごいと思ったゲームが、アンチャーテッド4だったんですが、ホライゾンは、アンチャーテッド4に近いか同等くらいのグラフィックだと思います。オープンワールドゲームでこのクオリティは、本当に素晴らしいです。

アクション

f:id:mofox:20170331164253p:plain

次は、アクション面について評価していきます。アクション面に関しては、どのゲームも優劣をつけがたいぐらい面白いです。

ff15では、4人で戦い連携を意識しながらも、爽快なアクションが楽しめます。アクションが苦手な人でも簡単に、かっこいいバトルができます。逆に、歯ごたえのあるアクションを楽しみたい人でも、相手の攻撃に合わせて攻撃できるパリィがあったりと、ただボタンを押すだけのアクションゲームではないので、楽しめると思います。

ウィッチャー3 では、近接攻撃があったり、魔法攻撃があったり、敵との相性を見極め有効なアイテムを使ったりと、戦略的に戦う面白さがあります。自分が近接攻撃がしたければ、レベルを上げて近接攻撃を強くしていけばいいし、魔法を使いたければ魔法を強くしていくこともできます。どちらも使いたければ、どちらも強くすることもできます。このように、ウィッチャー3では自分にあった独自のアクションが楽しめます。

ホライゾンの場合は、敵の頭部や弱点などを弓などの長距離武器で狙っていくFPSのような要素があったり、槍で敵の死角から攻撃すると大ダメージを与えるサイレントストライクと言われるステルス要素があったりします。ホライゾンが発表された当時は、モンハンに似ていると話題になっていましたが、あまり似ているとは思いませんでした。唯一似ているところは、部位破壊があるところかなと思います。まあでも、回避とかもあるし、弓も使えるし、モンハンっぽいところはありますが。

ホライゾンのアクションについて、もう少し詳しく説明していきます。ホライゾンの武器には、大きく分けて槍、スプリング、弓、キャスター、ラトラーの5つがあります。槍は近距離武器で、スプリングは弾を発射する武器、キャスターはトラップ系の武器で、ラトラーはボルトを発射する武器です。基本的には、この中から4つを装備できます。強い敵に関しては、キャスターで相手の動きを止めたりしないと勝てません。

で、もう一つ機械の敵を部位破壊すると、落とす重武器というのがあるんですが、これが恐ろしく強いです。もし、敵が倒せないっていう人がいたら、部位破壊をして重武器を使ってみることをおすすめします。

このように、どのゲームも独自の面白さがあるので、どのゲームをやっても楽しめると思います。アクションの難易度的なことでいうと、ホライゾンが一番難しいです。自分は、普段からゲームをよくやるのですが、最後どうしても倒せなかったため、難易度を変更してクリアしました。FPSが苦手だって人は注意した方がいいかもしれません。

RPG要素

f:id:mofox:20170331164346p:plain

人によって、RPGに求めるものは違うと思うのですが、今回は、どれだけ自分と主人公を重ね合わせられるか、武器、防具、スキルなどの成長要素があるかで判断していきます。

結論から言うと、ウィッチャー3 > ホライゾン = FF15になるかなと思います。ウィッチャー3 の場合は、自分の発する言葉を自由に選択できるということから、自分はウィッチャーなんだというつもりでゲームができる。ホライゾンの場合は、言葉を選択できるにはできますが、それほど多くはありません。質問する順番を選べるだけという場合がほとんどです。ff15では、自分がノクトというよりは、4人の旅を一緒に見守っているもう一人の人間という感じなので、自分がノクトになりきるというわけではありません。

成長要素に関しても、ウィッチャー3 では、近接攻撃や遠距離攻撃、魔法攻撃それぞれレベルを上げていくことができるし、その他にも武器や防具の強化、錬金術などRPG的な要素がすべて含まれています。この点において、FF15やホライゾンはウィッチャー3に遠く及びません。

ホライゾンではもちろん主人公のアーロイを成長させていく楽しさもありますが、より自分の技術を成長させていく楽しさがあると思っています。そういう意味では、よりアクションゲームに近いです。

ストーリー

f:id:mofox:20170331164435p:plain

ストーリーに関しては、どれも独自の世界観があって面白かったです。人によってどれを面白いと思うかは、好みの問題だと思うのですが、参考程度にそれぞれ説明していきたいと思います。

ff15のストーリーは、映画のキングスグレイブやアニメのブラザーフッドなどで、予備知識なく始めるとストーリーが?となるかもしれません。ですが、本編のストーリーは基本的には単純なものなので、だんだんわかってくると思います。ff13のように「専門用語ばかりで、ストーリーについていけない」ということにはならないので、安心してください。個人的な感想を言うと、映画のキングスグレイブがすごく面白く、本編の期待値が上がりすぎて、少し残念に感じたのは覚えています。

ウィッチャー3 のストーリーも、基本的には単純なものなので、初めてシリーズをやる人も問題なく理解できると思います。ですが、ウィッチャー3は1と2とつながっているものなので、1と2のストーリーを知っていた方が楽しめることは間違いありません。

ホライゾンのストーリーは、進めば進むほど専門用語が増えて、ストーリーが難しくなっていく気がします。なんとなく、こういうことなんだろうというのは分かりますが、完璧には理解できていません笑。古代の資料とかボイスが残されているので、それを見たり聞いたりすれば、完璧に理解できるようになると思いますが。。。なんといっても、その数が膨大なので、自分は聞いていません笑。

ホライゾンのストーリーについて、ちょっとだけ説明します。ネタバレしたくない人は、飛ばしてください。⬇︎

主人公のアーロイは、一見普通の女の子なんですが、親なし子として異端児扱いをされます。なぜかアーロイの住んでいた町では、「異端児とは話してはいけない」っていう習慣があって、孤独な生活を強いられてきました。そこで、アーロイは自分の母親について、もっと知りたいという欲望を持つようになり、親の代わりのような存在であるロストと一緒に成長しながら、旅をしていく。というのが冒頭です。

 キャラクター

f:id:mofox:20170331164541p:plain

ゲーム内のキャラクターについても、考えていきたいと思います。

ff15のキャラクターは、よくホストみたいで気持ち悪いと言われていましたが、自分は嫌いではないです。あの中二病的なかっこよさが、FFならではじゃないかなと思っています。FF15になって急にキャラ批判されるようになりましたが、それはそれだけリアルなグラフィックになってきたからだと思っています。それまでは、2Dであったりアニメちっくなグラフィックだったので、ある程度割り切って見れていたと思いますが、ff15でグラフィックがリアルになって、現実にいる人だと思うと、急に気持ち悪く見えてしまったのではないかなと思います。

ウィッチャー3 のゲラルトに関しては、渋くてかっこいいなと思います。が、やはり女性キャラクターがそこまで可愛くはない気がします。ff15のシドニーとか、名前は忘れましたが、グラディオラスの妹とか可愛いですよね。

ホライゾンの主人公であるアーロイは、pvとかを見る限りでは、気が強そうな女の子という感じがして、あまり好きにはなれませんでした。やっぱり、優しそうな子がいいじゃないですか笑。でも、ゲームをプレイしていくうちに、アーロイの過去だったりがわかってきて、まあ気が強くなるのも仕方ないなぁと思い、だんだんアーロイのことが好きになっていきました。自分でも驚いているんですが、プレイする前と後でこんなに印象が変わったのは、初めての経験でした。皆さんも、ゲームをプレイすればアーロイのことを好きになると思いますよ。

あとは、冒頭でも書いたように、ホライゾンに出てくる人たちはみんな特徴のある顔をしています。モブキャラでも、みんな違う顔をしています。少し疑問に思ったことは、ホライゾンに出てくる男性には、なぜか髪の横を刈り上げているツーブロックが多いこと。どうでもいいことなんですが、ちょっと気になりました笑。

オープンワールド

f:id:mofox:20170302185800p:plain

オープンワールドとしての広さは、ウィッチャー3 > ホライゾン > ff15かなと思います。これは、あくまで自分のプレイした感覚なので、実際は違うかもしれません。

ウィッチャー3 は、複数の大陸があってしかも一つ一つが大きい。大陸ごとにそれぞれの特徴があり、殺伐とした雰囲気のところもあれば、平和で穏やかな場所もあるし、戦争の影響で無法地帯のようになっているところもある。いろんな場所があって、歩いているだけで楽しかったです。

ff15は、オープンワールドと言っても自由に動き回れません。いたるところに、見えない壁が存在して、移動がめんどくさいです。実際は広いのかもしれませんが、中身がなくただ広いだけの気がします。そういう意味で、ff15のオープンワールドは期待はずれでした。

ホライゾンのオープンワールドは、グラフィックが綺麗なので、本当に歩いているだけで楽しめます。雪が降るときもあれば、雨が降るときもある。雨の描写は他のゲームでもよくありますが、雪が降るゲームっていうのはなかなかないのではないでしょうか。特におすすめなのが、夜の景色です。夜空を見上げると、幾つもの星が輝いていて思わず見とれてしまいました。このように、天候の変化や、時間の変化によって、同じ場所でも見え方が変わって、景色を見るだけで楽しめました。

操作性

f:id:mofox:20170302185819p:plain

長くゲームをプレイする上で、操作性というのはとても重要になってくると思うのですが、そういう意味では、ホライゾンゼロドーンは完璧ですね。さすがアクションゲームを作ってきただけある会社ですね。

ウィッチャー3 は、移動が独特というか少し時間が経てば慣れるには、慣れますが、やはりちょっと快適な操作とまでは言えません。FF15の場合は、操作性というより見えない壁のせいで、移動がめんどくさくなっている。

ホライゾンは、ウィッチャー3のように移動が独特なわけでもなく、見えない壁があるわけもない。普通に快適にプレイできます。やはり、長くやりこむゲームではあるので、操作は快適なものであって欲しいですよね。

やり込み要素

f:id:mofox:20170331164757p:plain

やり込み要素に関しては、圧倒的にウィッチャー3 が勝っています。ウィッチャー3をやったことがある人なら、わかると思いますがサブストーリーの数が膨大でありながら、そのどれもがクオリティが高いです。

ff15は、サブストーリーがあまりいいものではありませんが、無料DLCでストーリーを補完する新たなゲームプレイができたり、随時有料DLCも配信されていることから、ストーリーをクリアしても楽しめるコンテンツは多くあります。それに、マルチプレイも実装予定ということで、ウィッチャー3とホライゾンとは違った楽しみ方ができるようになると思います。

ホライゾンのサブストーリーは、基本的にメインストーリーと直接関わってくるものではありません。ほとんどが、独立したものとなっています。ウィッチャー3の場合、メインストーリーをやっていた流れの中に、サブストーリーがあるという感じなので、そこが違います。自分的には、ウィッチャー3の方が、サブストーリーをやりたいという気持ちにさせてくれました。といっても、ウィッチャー3が凄すぎるだけで、ホライゾンのサブストーリーも十分楽しめます。長くやりこむには十分すぎる数があります。

個人的な感想

f:id:mofox:20170331164709p:plain

ここからは、3つのゲームを比較するというよりも、実際に遊んでみた個人的な感想を書いていきたいと思います。

ズバリどれが一番面白かったのか?一番気になるのがこの質問だと思いますが、自分がやった感想では、ff15です。今まで読んできてくれた方は意外に思うかもしれませんが、自分の意見としてはff15が一番面白かったかなと思います。

自分は、ゲームにストーリーを重要視していて、一番ワクワクしながらゲームを始めれたのがff15でした。キングスグレイブとブラザーフッドでストーリーについての妄想を膨らませながら、ff15の発売を待っていました。実際は期待していたものと違いましたが、後から冷静になって考えてみると、ff15がクリアまで一番飽きることなく楽しめたような気がします。

ホライゾンについては、最初の方はかなり面白いストーリーになりそうと思っていましたが、上にも書きましたが、進むにつれてストーリーが難解になっていき、結果的には、ストーリー面白かったとは思えませんでした

ウィッチャー3 のストーリーは悪くはないのですが、そのほとんどが会話劇。ゲームプレイをしているときよりも、会話を聞いているときの方が長いのではないかと思うくらい。メタルギアのように、しっかりと作りこまれたカットシーンを見るのは、苦痛にならないし、むしろ大歓迎なのですが、ウィッチャー3の場合、ただ口をパクパクさせただけの映像に声を合わせているだけなので、少し退屈に感じてしまいました。これは、ホライゾンについても同じことが言えるかもしれません。このように長い会話を聞かされるのが嫌だっていう人は、もしかしたらウィッチャー3に向いていないかもしれません。

まとめ 

ホライゾンゼロドーン、ウィッチャー3、ff15と、この3つのゲームについて比較しながら書いていきましたが、どうだったでしょうか?果たして、こんな長文を最後まで読んでくださった方はいるのだろうか笑?

最後に、3つのゲームそれぞれのいいところをひとつずつ書いて、終わりにしたいと思います。ここまで読んでくださった方は、どのゲームを買おうかもう決めてしまっているかもしれませんが、その最後の一押しとなれば幸いです。

ff15のいいところは、メインストーリー。3つのゲームの中では、カットシーンが一番うまく作りこまれていると思います。エンディングに満足しているかどうかは別として、そこまでのストーリーは充分に面白かったです。ストーリーを楽しみたいって人は、ff15が一番楽しめると思います。

ホライゾンのいいところは、何と言ってもグラフィック。オープンワールドでこのクオリティは、本当にすごいです。それに、オープンワールドゲームでよくあるバグもほとんど見受けられません。ていうか、一回もないです。細かいところまで、しっかりと作り込まれた神ゲーだと思います。

ウィッチャー3 のいいところは、サブストーリーの豊富さ。メインストーリーだけでは、ff15とホライゾンに勝てないかもしれませんが、サブストーリーは、メインストーリーと同じくらい作りこまれていて、ついメインストーリーを忘れて、サブをやってしまうくらい面白いです。