楽Gamer's Blog

ゲーマーのブログ

とりあえず、ゲームかな。。。

ニンテンドースイッチで発売のおすすめソフトランキングベスト10-ゼルダ、スプラ2だけじゃない!噂のゲームについても考えてみた。

ついに任天堂の新ハードであるニンテンドースイッチが発売されました。おめでとうございます!!!

このときを待ちに待っていた方は、多いと思います。でも、もしかしたら、ニンテンドースイッチを買おうかどうか迷っている方も、中にはいるのではないでしょうか。

面白いゲームがあるなら買おうかなと思っている方。そんな方のために、ニンテンドースイッチで発売が予定されているおすすめのゲームソフトを、ランキング形式で紹介していきます。

ぜひ購入の参考にしていただければ、嬉しいです。

第1位:ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド

ニンテンドースイッチのローンチタイトルでもあるゼルダの伝説ブレスオブザワイルド。このゲームを買わずして他にどのゲームを買うのか。

ゼルダ史上最高傑作になることは、間違いありません。このことは、プロデューサーの青沼さんの発言からもわかるし、海外の辛口レビューで有名なEDGE誌で、満点をとったことからもわかります。

f:id:mofox:20170222180216p:plain

今作は、ゼルダの当たり前を見直し、オープンワールドゲームでありながらも、豊富な謎解きダンジョンなど、やり込み要素もちゃんと含まれています。ダンジョンに関しては、100種類以上あるとか。ただただ広くて薄っぺらいわけではないということです。

多くのpvが公開されていますが、それらを見ていいなと思った点をこれから上げていきます。

一つは、音楽です。気持ちが安らぎ、心温まる音楽でありながら、どこか懐かしさを感じさせてくれます。音楽を聴くだけで、ゼルダ世界の雰囲気を感じとれます。これほど、世界観と音楽が完璧にマッチしているゲームは、多くはありません。

2つ目は、戦略の幅が広がったアクションシステム。例えば、あるボス戦で、ボスの頭部付近に弱点があるとします。弱点を攻撃するには、爆弾を使って相手を転ばせて、頭部付近まで近づいて攻撃するという方法もあるし、爆弾を使わずに、弓を使って攻撃するという方法もあります。他にも、爆薬が入った樽に向かって火矢を射って爆発させてダメージを与える。などなど、人それぞれにあった戦い方ができます。

f:id:mofox:20170301160850p:plain

それに、敵の攻撃を直前で避けるたり、攻撃をパリィで弾き返したりすると、スローモーションになったりと、アクションが得意な人はもちろん、苦手な人でも充分に楽しめるようになっています。

3つ目は、自由度の高いゲーム設定。オープンワールドゲームといっても、ちゃんとストーリーに沿って進まないといけないゲームがほとんどです。それに比べて、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドでは、ゲームが始まってすぐにラスボスと戦うことができます。このように、人によってプレイ体験が全く異なってくることも、このゲームの魅力だと思います。

4つ目は、ボリュームのあるやり込み要素。何百時間とプレイしても毎回新しい発見を見せてくれるゲームは、そうそうないのではないでしょうか?普通のゲームだと、何百時間も遊んでいると、さすがに飽きてくるのですが、ゼルダの伝説は、毎回新しい発見を見せてくれるので、飽きることがありません。これほどまでに深みのあるゲームは未だかつてなかったと思います。ゲームをやっていないときでも、またあの世界に戻りたいと思ってしまいます。

まとめると、音楽、アクション、ゲームシステム、やり込み要素、全てにおいて魅力的なゲームだと思っています。ゼルダファンの方はもちろん、ゼルダをやったことがない人にも、スイッチのソフトの中で最もおすすめするゲームです

発売されてから、早1か月ぐらいたちましたが、ネットでの評価はかなり高いですね。荒れることの多いアマゾンでもかなりの高評価です。むしろ、ゼルダの伝説面白くないっていう意見をほとんど聞きません。スマブラなどを製作している桜井さんも「ホライゾンはストレスフリー。ゼルダの伝説はめんどくさいことが多いが、そのめんどくさい部分が最高に面白い。」 と、絶賛しています。一回騙されたと思って、やってみることをおすすめします。絶対にはまること間違い無し!!!

第2位:スプラトゥーン2

WiiUが生み出した最高傑作であるスプラトゥーン。その続編がスイッチでも発売されます。

f:id:mofox:20170301161334p:plain

もともとスプラトゥーンというゲームは、今日世界中ではやっているFPSに対抗するゲームとして、作られたものです。FPSゲームは、ゲームをあまり知らない人が見ると、「なんて残酷なゲームで、暴力的なゲームなんだ」という印象を受けてしまうかもしれません。なので、任天堂のファンが多い子供がやっているとお母さんが心配してしまう。VRに任天堂が、否定的なのもこのことが影響しているみたいです。

まあVRの話しはおいといて、小さい子供がやっていても、安心してみていられるようなゲームでありながら、FPSのように熱いオンラインアクションゲームを作るとすると、どんなゲームになるのだろうか?そうやってできたゲームがスプラトゥーンだそうです。

結果、見事に世界中のゲーマーの心をつかみました。FPSが好きな人だけでなく、FPSが苦手な人、さらには普段あまりゲームをやらない人さえもが、はまってしまうくらいです。自分の友達にも、スプラトゥーンのためだけにWiiUを買った人がいます

f:id:mofox:20170301161829p:plain

ちまたでは、WiiUはスプラトゥーン専用機と言われていたりしています笑。それに、スイッチで他に面白いゲームソフトが出なくてもいい。スプラトゥーン2が出るだけで充分と言っている人が結構います。

これだけ多くの人の心をつかんでいるゲームというのは、滅多にありません。スプラトゥーンに興味はあるけど、WiiU持っていないからやったことがないって人も多いと思いますが、スイッチの発売を機にやってみてはどうですか?もしかしたら、めちゃくちゃハマるかもしれませんよ。

実は自分もやったことないんですが、スイッチを買ったら、100%買おうと思っています。それに、スイッチはネット通信だけでなく、ローカル通信もできるので、もしスプラトゥーン2を持っている友達がいれば、一緒に話しながら遊べるようになります。

想像しただけで、楽しそう。早くスプラトゥーン2が発売されることを願っています笑。最近、スプラトゥーン2の先行体験が実施されました。多くのプレイ動画がyoutubeなどに投稿されていたので、発売が待ちきれないと思っている方も多いのではないでしょうか?スプラトゥーン2を発売日にやりたい!!!って人は、ニンテンドースイッチを早めに購入しておくことをおすすめします。今買おうと思っても、在庫がなく定価以上の価格で買わなければなりません。在庫があるうちに、買っておくことをおすすめします。

第3位:スーパーマリオオデッセイ

かなり長い歴史のあるスーパーマリオシリーズの最新作が、ニンテンドースイッチ向けに、発売されます。今まで発売されたマリオゲームのほとんどは、2Dによる横スクロールゲームであり、ライトゲーマー向けに作られてきました。

今回のスーパーマリオオデッセイでは、今までのマリオシリーズとは違い、コアゲーマー向けに作られるものとなるようです。

f:id:mofox:20170301162232p:plain

ライトゲーマーとは、あまりコンシューマーゲームをしない人のことであり、コアゲーマーとは、普段からゲームをよくする人のことを指します。ということは、スーパーマリオオデッセイが今までのマリオゲームと、一線をかくものになるということは、間違いありません。

コアゲーマーは、世界中で開発されている多くのゲームを遊んでいるため、それだけゲームに対する評価は当然厳しくなってきます。そのコアゲーマー向けのゲーム、というぐらいですから、面白いゲームであることは当然で、より奥が深く、何度でもやり込めるゲームになることが期待されます。

オデッセイを、オープンワールドゲームということにしたのも、オープンワールドは今日のゲームの主流にもなっているし、コアゲーマーをより満足させられると考えたからだと思われます。

必然的に、大きな期待をしてしまうゲームではありますが、オープンワールドのマリオゲームということあって、未知数な部分もあります。今までは、ずっと2Dゲームだっただけに、オープンワールドでもちゃんとマリオゲームとして成り立つのか?マリオというのは名前だけで、全く別のゲームにはなっていないか?などなど少々不安はあります。

f:id:mofox:20170301163844p:plain

では、なぜおすすめの第3位にこのゲームを入れたのかというと、オープンワールドゲームとマリオは相性がいいと考えているからです。マリオゲームの良さは、操作するだけで気持ちがよく、楽しいということにあると思っていて、そのため、オープンワールドになると、どこでも自由に行けるようになるので、マリオを操作するという楽しさを、より面白いものにできると考えています。

開発者目線で、勝手に想像しているだけですが、そういう期待値も込めて、おすすめの第3位にしてみました。

今までの2Dマリオの良さを取り入れたまま、かつ新たな要素を加えた新しいマリオゲームを期待しています。これから、どんどん情報が発信されていくと思うので、期待して待ちましょう。

第4位:ゼノブレイド2

wiiで発売されたゼノブレイド、WiiUで発売されたゼノブレイドクロス、そしてニンテンドースイッチで発売されるナンバリングタイトルの最新作であるゼノブレイド2。前作、前々作ともに評価の高かったゲームなので、期待せざるをえません。

f:id:mofox:20170301164052p:plain

このゲームは、オープンワールドで基本的に自由に動けます。ジャンルはRPG。そう考えると、ps4で発売されたff15に近いかもしれませんね。

ff15は、グラフィックをリアル路線に持っていきましたが、ゼノブレイド2はリアルというより、アニメチックで幻想的なグラフィックになっているようです。どちらもいいと思うし、自分はどちらのグラフィックも好きです。ゼノブレイドは、今の幻想的なグラフィックがあっているなと感じます。

wiiで発売された前作のゼノブレイドは、RPGゲームの最高傑作とも言われたりしていて、低評価で荒れることの多いアマゾンのゲームレビュー欄でも、高評価の嵐です。これほど高評価を得ているゲームはなかなかありません。

まだあまりゼノブレイド2の情報は、多く出ていませんが、自分にとってはそんなことは関係ありません。絶対に面白いゲームになるという確信を持っています。なぜなら、ゲームを作っている制作者の方々が変わっていないからです。

どういうことかというと、面白いゲームというのは、基本的に制作者の方々でほぼ決まります。今まで面白いゲームを作ってきたのであれば、これからも面白いゲームを作ってくれるんです。

たまに、シリーズの2は面白かったけど3は面白くなかったりすることがありますが、そういう場合は、たいてい制作者の方が変わったことが原因だったりします。

f:id:mofox:20170301164118p:plain

このことは、ゲームだけでなく映画でもドラマでもアニメでも、全てそうです。音楽とかもそうです。漫画で説明すればわかりやすいかもしれません。尾田栄一郎さんが描くワンピースだから面白いんです。途中で、違う人の描くワンピースなんて考えたくないですよね。

だから、自分が面白いという思うゲームを知りたいなら、今まで面白いと思ったゲームの制作者の方々を見て、その制作者の方々の作るゲームを買えばいいんです。そしたら、ゲームの購入に迷うこともなくなるだろうし、後悔することもなくなると思います。

ゼノブレイド2の話からかなり脱線してしまいましたが、自分が期待しているという気持ちは伝わったかなと思います笑。ということで、ゼノブレイド2はかなりおすすめのゲームです。情報が少なかろうが関係ありません。スイッチで発売されるおすすめのソフトであることに、間違いありません。

第5位:ARMS(アームズ)

このゲームは、ニンテンドースイッチの機能を活かした対戦格闘ゲームです。体を動かしながら、遊ぶゲームということあって、一見ミニゲーム的な浅くて、すぐ飽きちゃうようなゲームにも見えますが、自分の意見としては、かなり面白いゲームになると予想しています。そう思った理由をこれから説明していきます。

f:id:mofox:20170301164651p:plain

pvを見てわかるように、ARMSには「スプリングマン」「リボンガール」「ニンジャラ」「マスターマミー」「メカニッカ」と呼ばれる、それぞれ別々の特徴を持った5人のキャラクターがいるということがわかっています。パンチ一つとっても、全てが違います。曲がるパンチが得意なキャラもいれば、スピードの速いパンチを打てるキャラもいるし、スピードは遅いけど強力なパンチを打てるキャラもいます。

といっても、スプリングマンを操作するというわけではなく、左右の腕を自由に組み合わせることができます。例えば、左はスプリングマンの腕で、右はリボンガールの腕にということができます。組み合わせによっては、相手の裏をかく作戦、スピードパンチで考える時間を与えない作戦、もしくは相手のパンチを弾き返して戦うカウンター作戦など、ちょっと考えただけでもいろんな戦略があります。

なので、wiiスポーツのボクシングゲームのように、ただただパンチするだけのゲームにはなりません。ARMSの場合は、相手の特徴を理解した上で、自分がどのような動きをするのかなどの心理戦が、より重要になってくると思います。

対戦型アクションゲームでは、相手の動きを読み合いながら戦う心理戦ができるというところに、面白さがあると思っていて、逆に反射神経だけが必要なアクションゲームは、多くの人はすぐに飽きてしまうものです。そういう点で考えると、ARMSは長くやり込めるゲームになるのかなと思います。

f:id:mofox:20170301164712p:plain

ARMSは読み合いが重要と言っても、操作は簡単なので、誰でも楽しく遊べます。初心者でも楽しめるし、何度でもやってしまうような魅力を持ったゲームだと思います。もしかしたら、WiiUのキラータイトルであるスプラトゥーンのように、スイッチのゲームといえばARMSと言われるぐらいのゲームになる可能性があると考えています。そのぐらい、期待ができるゲームだと思っています。

しかし、細かいゲームバランスなどは、実際にプレイしてみないとわかりません。特にこういうアクションゲームでは、ゲームバランスが一番と言っていいほど重要なんです。どのキャラクターを使っても、勝率が同じぐらいでなければなりません。そうしないと、みんなが同じキャラクターを使ってしまうからです。

でも任天堂のゲームは、ジャンルは全然違いますが、ポケモンとかスマブラとかスプラトゥーンなど、素晴らしいゲームバランスでオンライン対戦を楽しませることが得意です。なので、ARMSも同じようにオンライン対戦が楽しめて、これらのゲームと同じように有名なタイトルになることを期待しています。

第6位:真・女神転生シリーズ最新作

真・女神転生シリーズの最新作がニンテンドースイッチで発売されます。まだ、あまり情報が出ておらず、ナンバリングタイトルであるのか、それとも派生作品となるかもわかっていませんが、アトラスが据え置き機向けに作るゲームということで、かなり期待しています。

f:id:mofox:20170301164756p:plain

アトラスは女神転生シリーズ以外に、有名なゲームとしてペルソナシリーズなどを制作しています。去年ペルソナ5 がps4で発売されて、かなりの高評価だったので、プレイしてみた人も多いのではないでしょうか。自分は大のペルソナファンで、ペルソナ5は2周プレイしました。

「ペルソナの話は良いんだよ。スイッチで出るのは、女神転生シリーズだろうが!!」という人がいるかもしれませんが、ペルソナシリーズと女神転生シリーズは、全く関係がないというわけではないんです。キャラクターのデザインとか戦闘システムなど、似ている部分があります。なので、ペルソナにハマった人は、女神転生シリーズもおすすめします。

女神転生シリーズは、歴史の長いゲームですが、最近は携帯機で発売されていたことから、自分はプレイしていませんでした。自分は据え置き機でしか、ほとんどゲームを遊ばなくなってしまったので。。。

f:id:mofox:20170301164838p:plain

でも、今作はニンテンドースイッチで発売されるということで、かなり期待しています。スイッチで発売するということは、携帯機よりもハードの性能がすぐれているので、それだけグラフィックやゲームシステム的なことも、パワーアップすることは間違いありません。

女神転生シリーズのファンである方はもちろん、ペルソナファンの方で、女神転生シリーズをやったことがない人には是非おすすめします。自分も、女神転生シリーズを最近やっていませんでしたが、これを機に始めてみたいと思っています。

第7位:project OCTOPATH TRAVELER(プロジェクトオクトパストラベラー)

スクウェア・エニックスが放つ昔ながらのドット絵2DRPGゲーム。ドット絵というと、古い感じがしてあまり期待ができないという人がいるかもしれませんが、ドット絵はドット絵なりの良さがありますよ。

f:id:mofox:20170301164920p:plain

ドット絵というのは、簡単に作ることができるように見えて、意外と難しいんです。今、ドット絵を作ることができる技術を持った人は、少ないのではないでしょうか。そういう意味で、この時代に最新の技術を使って作られるドット絵の2DRPGゲームには期待してしまいます。

それに、昔ながらのRPGゲームということで、昔のドラゴンクエストファイナルファンタジーが好きだった人は、当時を思い出して懐かしみながら遊べるのではないでしょうか。

昨今のハイテクなゲームに疲れたって人には、とても魅力があって期待できるソフトだと思います。

f:id:mofox:20170301165007p:plain

pvを見て気になったことが、「何処に行くのか、何をするのか、どの物語の主人公となるのか、すべては君に託される。」

というセリフです。このセリフから考えると、ある程度自由に動けて、物語も自分で選択するようなマルチエンディング、加えて主人公が複数人いるということが、想像できます。もしくは、スカイリムとかフォールアウトのように、自分の発する言葉を選択しで選べるようなゲームになるのか。どうなるのかはわかりませんが、想像するだけで面白そうです。続報に期待しましょう。

第8位:スーパーボンバーマンR

f:id:mofox:20170301165134p:plain

長らく発売されてこなかったボンバーマンの最新作がついに、ニンテンドースイッチで発売されます。自分は、ボンバーマンというと、小さい頃にたくさん遊んだ記憶があります。同じように小さい頃によく遊んでいた方は、多いのではないでしょうか。たとえ遊んだことがなくても、ほとんどの人はどこかで耳にしたことがあるのではないかなと思います。

それだけ古くから愛されてきた人気のあるゲームなので、必然的に期待してしまいますよね。久しぶりにやってみたいなーと思えるゲームだと思います。でも、ボンバーマンの世代ではない人。昔やったことがある人でも、全くゲームについて覚えていない人。そんな人たちのために、どんなゲームか軽く説明していきたいと思います。

何と言ってもスーパーボンバーマンRの最大の魅力は、大勢で楽しめるゲームであるということ。ゲームを普段あまりやらない人たちでも、簡単に楽しめて一緒に盛り上がれるゲームです。ルールは単純で、爆弾を置いて相手を倒すだけです。このゲームを一緒に遊べば、すぐに仲良くなれること間違いなしです笑!!

今作では、ネットをつないで最大8人でのオンライン対戦ができます。対戦だけでなく、協力してすすめるストーリーモードやボスバトルなどもあるようです。このように、一人でもちゃんと楽しく遊べるようになっています。決して、一人では楽しめないゲームというわけではありません。

f:id:mofox:20170301165145p:plain

少し考えてみると、ps3が発売されるまでは、ネットでオンライン対戦や協力とかはできなかったので、ボンバーマンを一人で遊ぶということは、そんなに楽しくなかったかもしれません。でも、今の時代はいいことに、ネットで世界中の人が繋がっているので、実際は一人で遊んでいるのに、世界中のプレイヤーと一緒に遊ぶことができるすごい時代になりました。そのおかげで、ボンバーマンをより楽しめる人が増えていくことは、間違い無いでしょう。

でも、やはりスーパーボンバーマンRの最もおすすめする遊び方は、家族や友達などと一緒に遊ぶこと。もし小さいお子さんがいる家庭なら、親子で楽しく遊べると思いますよ。それに、スイッチは携帯機としても使えるので、気軽にスイッチを持ち運んで、友達と遊んだりもできます。スイッチのゲームソフトで、みんなで楽しく遊べるソフトが欲しいなら、スーパーボンバーマンRをおすすめします。

第9位:マリオカート8デラックス

基本的には、WiiUで発売されたマリオカート8と変わりはありません。一部キャラクターとか専用コースなどが、新しく実装されるようですが。では、このゲームをなぜおすすめするのかというと、世界的に見ると、マリオカート8はWiiUで最も売れたタイトルとなっています。意外かもしれませんが、スプラトゥーンでもスマッシュブラザーズでもなく、マリオカート8なんです。

f:id:mofox:20170301165236p:plain

なぜ売れたのかを考えてみると、やはり一人でも楽しめるようになっているし、大勢でも楽しめるゲームだからだと思っています。ニンテンドースイッチは、大勢で楽しめるゲームがたくさんありますが、その中でも最も完成度の高いゲームだと思っています。

ゲームの面白さとか完成度的にには、もっとおすすめする順位が高くてもいいんですが、やはり移植版というところで少し順位を下げています。どちらにしろ、やったことがない人にはおすすめのソフトです。

f:id:mofox:20170301165258p:plain

WiiUを持っていない方は、多いと思うのでスイッチを買ったら、マリオカート8 デラックスをやってみるのもいいと思います。逆に、WiiUからの移植版なんで、WiiU版を持っている人は、買う必要がないかもしれません。

第10位:1-2-switch

1-2-Switchとは、画面を見るのではなく、目と目を合わせて、誰もが一緒に楽しめるJoy-Conの多才な機能を活かした全く新しいゲームです。このゲームが、今のところスイッチのHD振動を活かした唯一のゲームです。HD振動については、実際にやってみないと良さがわからないと思いますが、今までの振動よりいいものになることは確実です。

f:id:mofox:20170301165414p:plain

1-2switchには、牛の乳搾りや氷が何個入っているかなどを当てるミニゲームがありますが、よくよく考えてみると振動だけで、乳搾りをしている感覚、氷や水が入っている感覚がわかるというのは、本当にすごいことです。それが面白いかどうかは別として笑。

まあでも、一人でやるゲームではないですね。家族とか友達と一緒に遊ぶゲームですね。小さいお子さんがいる家庭とかでは、楽しめると思います。とにかく、ローンチでスイッチの機能を活かした唯一のゲームだと思うので、試しに買ってみるのもいいと思います。

1-2switchには、28種類のミニゲームが収録されているので、面白そうなものをいくつかピックアップして紹介していきます。

まずは、ピンポンという卓球ゲーム。wiiの卓球と何が違うのかというと、やはり画面を見てプレイするのではなく、人と向かい合ってプレイするところ。画面がないので、プレイヤーにどうやって相手の打った球が自分に近づいてきているのかを分からせるのか、気になるところですが、たぶんHD振動を使って近づいてきていることを知らせるんだと思います。違いは、それくらいだと思いますが、強いスマッシュを打てたりもするらしいので、まあwiiの卓球よりは確実に面白いです

次はジョイコン回しというゲーム。このゲームは、Joy-Conをどれだけ揺らさず、傾けずに回せるかを競うゲームです。これが面白いかは別として、Joy-Conがこれだけ微小な動きまでをも、判別できるということは、すごいなと思います。

f:id:mofox:20170301165433p:plain

3つ目は、ミルクという牛の乳を絞るだけのゲームです笑。本物の乳を搾っているときのような感覚が味わえて、うまく絞れたときの「びゅわーーー」という振動がタマラナイみたいです。一時期、「このミニゲームは何が面白いのか全くわからない」と批判されていましたが、一回体験してみたいなという気はしてきました笑。

上記で紹介したように、「これ何が面白いの?」というミニゲームがたくさん収録されています笑。一人でやりこむようなゲームではありませんが、普段あまりゲームをやらない人や家族と一緒に楽しみたい人にはおすすめです。ミニゲームは、28種類と数が多いので、意外と盛り上がると思います。

噂されているゲーム

ここからは、番外編として発売が噂されている程度のゲームについて、書いていきたいと思います。あくまで、噂なのでニンテンドースイッチで発売される保証は一切ありません笑。そこのところを注意してください。

「ふーん、そんな噂があるんだー」ぐらいの軽い感じで、読んでいってください。

モンハン5

f:id:mofox:20170301165515p:plain

携帯機でモンハンシリーズが発売されるようになってから、もう何年も経っていますが、ついに据え置き機でモンハンが発売されるかもしれません。

今までモンハンシリーズは、主に国内向けに発売されていて、海外ではあまり売れていませんでした。その理由をカプコンの社長が、「海外では携帯機があまり売れていない。海外でも売り上げを伸ばすために、据え置き機での発売も考えている。」みたいな発言をしていました。

この発言から、モンハン5がニンテンドースイッチで発売されるのではないかという噂がネット上で、拡散されました。

あと理由がもう一つあって、それはカプコンの技術者がニンテンドースイッチの開発に、大きな手助けをしていたということです。そこから、ニンテンドースイッチ向けにカプコンの最新作が発売されるのではないか?それが、モンハン5ではないのか?という噂が立ちました。

自分の意見としては、この噂はかなり信憑性が高いと思います。やはり、会社の社長が発言しているぐらいですから、信じてしまう人は多いですよね。

まあでも、カプコンの社長の発言自体が嘘かもしれないので、あまり期待しないでください笑。

ポケモンスターズ

f:id:mofox:20170301165558p:plain

このゲームは、ポケモンサンムーンのスイッチ移植版と言われています。情報の出処は海外のゲームメディアサイトで、情報の信ぴょう性としては薄いです。デマの可能性が高いと思っています。上で紹介したモンハン5とは違って、任天堂内部の方の発言が一切出ていないからです。

でも、ポケモンを作っているゲームフリークの社長が「ポケモンのシリーズは一つだけではない。ポッ拳やポケモン不思議のダンジョンもある。スイッチにあっているシリーズを発表していく。」みたいな発言をしています。

この発言から考えると、サンムーンの移植版というよりは、WiiUでも発売されたポッ拳の最新作が出るのではないかと思います。

最後にもう一度言っておきますが、あくまで噂なのでここで書いたことを信じすぎないようにしてください笑。

まとめ

最後まで、こんな長文を読んでくださって、ありがとうございます。よかったら、皆さんの期待しているソフトや、買う予定のソフトについてコメントお願いします。コメントは全て読んで、返信するつもりです。

もし、皆さんが少しでも、今までよりニンテンドースイッチ欲しいなと思えるようになっていたら、嬉しいです。そういう気持ちになって欲しいので、このような記事を書きました。ぜひ、ニンテンドースイッチを購入したなら、一緒に遊びましょう。

 

ブログ専用のツイッターを始めました。相互フォロー歓迎です!!!